目を覚ますとそこは、知らない部屋だった。眠る前の記憶はない。そして混乱する青羅の前に現れたのは、ここにいるはずのない男だった。








きっと逃げられない。


『悪夢の始まり』