夜の早送り【完】

作者

嫌いじゃない。だから、分からない。





「よー、家出少女」




君と共有する夜だけが、

まるで早送りされたみたいに過ぎて往く。