キミに恋したその日から、私の心は決まってた

作者花邑ハル

八年前、大好きだった彼から一方的に別れを告げられ、会うことも連絡を取ることすら出来なくなったものの、彼のことが忘れられず、今でも密かに想い続けている古市琴子。
それでも、新たな恋をしようと付き合うも、いつも長続きしない。

ある日、彼氏の浮気が発覚して、あろうことか振られてしまった琴子。そしてその…