忘れられない恋。



そう聞かれて思い出すのは高校生の頃。


素朴な女子高生だった私。


彼の1番になりたくて。

でも話すのだけで緊張していた自分。



ガムシャラで頑張ればいい結果にきっとなる

それだけを信じてた。





《  短編小説*完結しました 》