両親健在、兄弟仲は良好、友達もいる。ケータイ小説のヒロインみたいな暗い過去なんか無い、普通の生活を過ごしていた。
でも、なんでだろう、何かがモノタリナイ。そんな時、あなたに逢えたから私は………。
『君の心を満たしてあげる。』 『っ、ごめんなさいっ…。』
—————時は戻れない。後悔したってもうおそ…








普通に生きていた。これからも普通に生きていきたかった。そう思ってた。


あなたと出会うまでは



どうして私に構うの?あなたには関係ないのに…。


だから言っただろ、一目惚れしたって。その心を俺にくれよ。



もう、後戻りなんてできない。後悔したってもう遅い。狂ってしまった__________。







Dear Mrs.Lily











2020/06/15 執筆開始〜