大学生のミカとと同じ学部のシンジ。
シンジには誰にも言えない秘密があった。
「じゃあ、拘束しても、いい?」





あなたが好きで好きでたまらない、




そんな変態はお好きですか?













「あっ、シンちゃん、ダメッ。」


「ミカ、そんなに締めないで。出ちゃうから。」












数ある作品の中から私の書いたものを選んでくださりありがとうございます。是非楽しんで言ってください。あ、更新は遅いので、どんどん読みたい!!!という方はくっ、こいつ(更新)遅っ!っとなると思います。お気をつけください。



栞をつけてくださる方、レビューをしてくださる方、ファンになってくださる方、

とても私の力になっています。いつもありがとうございます!




これからもどうぞよろしくお願いします。