華魁の悲劇【近日執筆予定】

作者る、かこ。

耐え難い苦痛を永遠と強いられている。それが生きる事とするのであれば微かな幸せを感じた時、私は永遠に死ねるだろうか。「生きる事を躊躇うのか?」そう、だから貴方が私を殺してくれればいい。


画像タイトルを入力…











※物語が進むにつれて性的描写、もしくは性的要素等が多く含まれていきます。18歳未満の御観覧は御遠慮下さいますよう宜しくお願い致します。


※悪質なコメントにつきましては削除せず全て保存するようにしております。誹謗中傷や一般的に不適切だと判断した場合にはそれ相応に対処致します存分ですので宜しくお願い致します。


□ Twitter (@Rukako_R)

小説関連。お手紙、レビュー、コメント等の返信を行っております。勧誘アカウントからのフォローを避ける為、フォローを下さる際には御手数ですが一言添えて頂ければ幸いです。