カクテルに本音をひたして【完】

作者灰芭 まれ

彼氏に浮気されて家を飛び出した女子大生・美琴がやってきたのはとあるBARだった。そこには、とんでもなく綺麗なマスターがいたのだが、これがまた性格に難あり。





───Bar Snuggle───





そこは本音の言えない人たちが集まる場所





「おいバカは見た目だけにしろ」


「すみませんね!!!!!」


「うるさい静かにしろ」


「……ッ(悔しい!!!)」





世間知らずなネコと、ドSなマスター



カクテルに本音を伏せたお客さまたちが



今宵もBar Snuggleで言葉を交わす。