雨の日はそばにいて抱きしめて【完】+SS

作者美陽森*

「なんで‥」会った瞬間粟立つ肌は8年前に別れた彼への拒絶反応‥好きなのに別れるしかなかったあの日の空は今日と同じ鈍色だった

  • コメント
  • しおり173

・:*+:..+* :・:*+..:+*:・





「お前、名前は?」



出逢いは突然で



「お前しかいらねぇ」



恋に落ちるのは一瞬で



でも・・・



好きになればなるほど


アナタは私の手をすり抜けた




・:*+:..+* :・:*+..:+*:・




このお話は

前半は彼女目線

後半は彼氏目線


それぞれの一人称で進みます