ある組織の登場で、国は変わった。


止まらない事件。減らぬ死傷者。


「ただ、大切な人を守るため」


これは、血で覆われた時代に生きる男女の物語。

























そこは悲しみと憎悪に溺れた国









沈みゆくそれがたどり着いたのは暗いくらい海の底









人々は皆 届くはずのない光を乞うた