こんにちは、雨のセイ

作者つゆ子

狭い空間で自分らしく生きるなんて、一番難しいことなのかもしれない。








「こんにちは、雨宿りしにきました」







君に出会ったのも、








「……ただの同情でもいいよ、隣にいてくれさえすれば」






雨粒のような小さな逃げ道を

見つけてしまったのも、







「また、雨の日に」









すべてのせい。





画像タイトルを入力…