あの日私は自分から振ったのに、貴方がいなくなってどこにもぶつけられない感情をまた貴方にぶつけてしまった。離れたくなったのに離れなきゃいけなかった。貴方はまだわたしを好きでいてくれますか。もう嫌いになってしまいましたか。振られた女の悲しい末路をただひたすらに綴った小説です。