音のないラブソング

作者伊吹春乃

たった一度でいいから、
あなたの声が聞いてみたかった。




聞こえない少女と、

歌えなくなった少年。



「 こえをきかせて 」



音のないラブソングを捧げよう。