魔王軍のスパイ~最強の勇者パーティに潜入中の魔王軍四天王は、女勇者に気に入られてしまったようです~

作者LA軍

魔王に命令されて勇者パーティに潜入した四天王が一人、隠密のヴァイパー。
彼は人間の冒険者ヴァンプになりすまし、まんまと潜入に成功した。

魔王様からの命令は単純明快。
勇者に取り入り信頼を得て、情報を流せというもの。
そのためには何でもしていい権限が与えられていた。
ただし、絶対に破ってはならない…

 女勇者が懐きすぎてウザい……。



 魔王様に命じられ、勇者パーティーに潜入した俺───魔王軍四天王『隠密のヴァイパー』は今日も任務を忠実にこなす。


 そう、「勇者の信頼を勝ち取れ──」という、魔王様の命令を遂行するために……!


 そのためなら何でもしてやったともさ───!



 ──勇者様には優しくする!

 ──魔物やスケベ貴族からも護ってみせる!

 ──どんな困難な任務も完遂してみせるとも!


 もちろん、

 味方のはずの魔王軍にも容赦しませんよ!


 だけど、

 勇者のために魔王軍を次々と撃破しているうちに──想像以上に女勇者に懐かれてしまい…??


 …………え? なになに!?

 怖い、怖い怖い! 怖ッ?!


「えへへ♪」

 じゃねーよ、勇者ぁぁあ!!

 サラッと、添い寝しようとするじゃねえ!


 ──せっかくの休日に、

 な~にが「──お弁当作ってきたよ♪」だ!


 俺ぁ、お前が大嫌いなの!!!

 空気読めや!!!

 


魔王「おまッ……いやさ!──そんなチャンスあるなら、勇者を殺せよッ!」



 これは、

 加減を知らない暗殺者と勇者による英雄譚??



 魔王軍の暗殺者は、想像以上にポンコツだった…