占い喫茶と神降ろしの絵

作者森戸玲有

駆け出しの占い師、一ノ清 美聖は、電話占いの仕事で出会った「トウコ」という占い師に、北鎌倉の占い喫茶「アルカナ」での対面鑑定の仕事に誘われる。

しかし、実際、出会ったトウコは思っていた人とは違い、そこで出会った店のオーナー降沢 在季は、一日中店でふらふらしている画家だった。

降沢に対して苦手意…


占い喫茶と神降ろしの絵






一ノ清 美聖は北鎌倉の占い喫茶「アルカナ」で占い師として、働き始める。




そこで出会った

店のオーナーで画家の降沢 在季。



絵を描いている気配もなく、

一日中店でふらふらしている謎の人。




ずっと、美聖は降沢を避けていたが……。







彼は特殊な体質の「画家」だった。












 

※タロットの意味などについては、私の主観がかなり入っております。