エンドロールはあなたと…(コミックシナリオ大賞用)

作者江上陽菜

この作品は【エンドロールはあなたと…】をiらんど大賞のコミックシナリオ用に書いたものです。
https://maho.jp/works/16743963567762511685

弁護士になる夢を持った才色兼備の興梠百合香は帝都大進学を機に九州の漁村から上京し、同時期に魅力的な男性2人と出会う。



ひとりはバイト帰りに苦しんでいる人を助けたときに出会ったマレフィセントのカラスのように妖艶な京極天祥。


もう1人はクルージングで出会った友達の兄で、御曹司の菱岡商事副社長。爽やか好青年の菱岡龍之介。


恋に不慣れな百合香は強引な京極の魅力に引き寄せられ、京極と付き合い始める。


龍之介はそれでも百合香の幸せを思い、百合香をよき相談相手としてそっと支え続ける。



京極に愛され、女としての幸せを知った百合香。



しかしそんな幸せ絶頂のとき、京極の父親が指定暴力団川岸組の組長で、京極は反社会的勢力の関係企業の社長だと知る。


組長に反社会的勢力のための弁護士になれと言われ、京極と付き合っている限り正義の弁護士になれないことを悟る百合香。


弁護士になる夢と愛する京極との間で気持ちが揺れる百合香だった。



そんな時、川岸組の抗争の発砲事件に巻き込まれてしまう。発砲の瞬間、なんの迷いもなく百合香に覆いかぶさり庇う龍之介。応戦して発砲した京極。



それでも百合香は京極との愛を取り、弁護士の夢を捨てる覚悟をするが、実は京極には婚約者がいて、結婚はするが百合香との関係はこのまま何も変わらないと告げられる。


百合香は愛人になどなれないと京極に別れを告げる。



失恋でボロボロになった百合香を龍之介は全身全霊で支える。


住む家がなくなった百合香を自分の家に住まわせたり、勉強で忙しくてバイトもままならない百合香に援助したりする龍之介。


見返りも求めずただひたすらに百合香を支える龍之介に次第に百合香の気持ちも傾いていく。


龍之介の元カノの出現で決定的に龍之介への気持ちに気付いた百合香は、龍之介に告白してようやくふたりは結ばれる。



三年後、司法試験に合格した百合香は龍之介との結婚を目前に控えていたとき、再び京極にあってしまう。



そして知ってしまう。

京極のついた嘘をーーー。



京極の優しい嘘を知り、百合香は……。

京極の元に送り出した龍之介は……。

自分のもとにきた百合香に対して京極は……。



エンドロールはあなたと……一緒に。






この作品は「エンドロールはあなたと…」をシナリオ化したものです。

https://maho.jp/works/16743963567762511685