戦神の姫君、蒼天を欲す(コミック原作版)

作者名瀬口にぼし

怖いもの知らずの戦闘系最強女子と、厭戦家の中年武人の戦場恋物語。

元小説の作品URL
この作品は「戦神の姫君、蒼天を欲す」をコミック原作化したものです。
https://maho.jp/works/15591074771452929949

ストーリー概要および物語の設定


 采国の皇帝の長女である李春藍は、父親の親友であり血のつながらない伯父でもある薛霄文将軍に憧れていた。武人である霄文に憧れるあまり、春藍は一国の姫としては規格外の戦闘能力を身につけてしまい、「戦神の姫君」として恐れられていた。

 男勝りな春藍の嫁入り先に悩んだ父・雄冬は、霄文に後妻として春藍を娶らせる。憧れの伯父との結婚に春藍ははしゃぐが、霄文は年の離れた新妻に後ろめたさを感じていた。二人の想いは擦れ違い、結婚生活はうまくいかない。

 夫婦らしい関係を築けないまま、ある日霄文に西域への遠征の命令が下される。春藍は自分も出征したいと願い出るが、霄文に却下される。しかし春藍があきらめることはなかった。護衛官の陶慶峻と共に出奔した春藍は、霄文のいる戦場へと旅に出る。

 霄文に距離を置かれる中で、戦争の最高責任者としての重圧に霄文が苦しんでいることを知る春藍。春藍はその弱さや脆さごと、霄文を愛する決意をする。霄文はその激しい想いに絆され、春藍を遠ざけることをあきらめる。

 春藍は、霄文のために戦のない世の中を手に入れることを誓い、霄文と共に乱世を生き抜く覚悟を決めるのであった。


元小説の作品URL

この作品は「戦神の姫君、蒼天を欲す」をコミック原作化したものです。

https://maho.jp/works/15591074771452929949