ウソつき空模様【完】

作者浪速ゆう

一通の手紙を受け取ったあの日から、止まったままだった時間が再び動き始めた——。



どれだけ離れていたって

虹を渡っていけばきっと

その先に会いたい人はいて

そこで待っててくれる。


だからどれだけ離れていようとも関係ないんだ。



……そんな風に言っていたクラスメイト。

彼が転校していった後も

あたしは彼のことが忘れられなかった。



・‥…━━━━━━☆


彼は私の

初恋

だったのかもしれない。


☆━━━━━━━‥…・