黒木彰人は記憶の一部が消去されていると言われ生死の境に存在する図書館に連れてこられる。しかし、罪霊と呼ばれる霊が悪魔に拐われその捜索を手伝う羽目になってしまう。
図書館で働く霊のルリと共に事件を解決するため個性豊かな霊達と奔走していく。
そして彰人の消えた記憶は以前図書館で起きた記憶の書紛失事件と…

あらすじ

ある日刃物を持った女性に襲われかけると言う夢を見た黒木彰人(くろき あきと)

目を覚ますと青い花の髪飾りをつけた少女・ルリが現れる。


ルリに連れてこられた場所はこの世とあの世を繋ぐ「生と死の狭間」。

そこに存在する記憶が書かれている本が納められている不思議な図書館。


彰人はルリに記憶の一部が欠けていることを知らされる。自分の記憶を取り戻す鍵となるのは夢で見た刃物を持った女性。


彰人は真相を明らかにすることを決心するが突如、生前の罪に囚われた怨霊「罪霊」に行手を阻まれる。