【IF】お飾り王妃ですが、隣国の公爵様に救われ溺愛されています

作者間先レナ

フライア・ヴェッセルは過労死寸前だった。
ヴェッセル王国の王妃として民を導き、人を従えてきたものの、旦那とその寵妃により王宮では孤立気味。しかも、仕事三昧の日々だった。
そんな日々に嫌気がさしていた時、フロイデン王国の公爵様、ブラッド・ルーベンスと出逢う。ブラッドはフライアのことを気に入ったらしく…

「愛されたい、幸せになりたい。私はそう思ってはいけないのですか?」