私、桜子は夢にみたハイスクールライフを送っていたのだが、ある日突然一瞬にして生活は変わってしまうのであった。
学生だからこそ言葉を選べなかったり、ストレートに受け取ってしまったり....。
今の私だから言えること、当時言えなかったことを書き出してみようと思います。
自信を持って生きることの大切さが…

私にはパンドラの箱がある。


きっと誰もが箱を持っているだろう。


私は、人に言えなかった悩みや葛藤を箱に閉じ込め、10年以上ずっと持ち続けてきた。



〜 Pandora. 〜



この作品を書くことで少しでも箱の重荷が少なくなる気がして、箱を開けてみることにしました。


このストーリーは一部ノンフィクションです。


ラブストーリーでも青春ものでもなく、心の問題をテーマにした作品です。