僕の世界の半分で〈完〉

作者一掬 朝

この想いは半分だけ、きみに届けよう。



たとえ誰かに否定された世界でも、


ただずっと、きみと笑いあっていたい。




画像タイトルを入力…