アインの伝説 ~気づいた時にはもう遅い? 転生したら滅んだ村の生き残りで、勇者の幼なじみなのになかなか名前を思い出してもらえないという極めつけの脇役だったんだけどさ、どうしたらいいと思う?~

作者相生蒼尉

前世の記憶を持って生まれたアインは、ここが思春期にのめり込んだゲームの世界と酷似していることに気づく。いずれ滅ぼされるかもしれない。そんな不安と戦いながら、自身を高め、大切なものを守ろうと奮闘するのだが、あまりにも辺境のド田舎のため、また小さな子どもであるため、武器もよろいも、手に入らない。
アイ…