浦辺楪(仮名)が青い非日常にてその本懐を遂げるまで

作者朝倉 眠

これはちょっとした非日常に身を置く人々と、神様に悪魔に超能力者、
そして、嘘つきなとある女の子の話だ。

上京した矢先に自称:占い師の女子高生に御宣託(?)を受けた“オレ”は、ひょんなことから浦辺楪と名乗ることになった。
占い師JKの双子の弟、忍からは出会って早々銀髪の見た目から素行を疑われるが、…