太陽はいつ昇るのか

作者瑠璃雨音

八方美人で当たり障りない人間関係を築いてきた朝日。彼女の元へ現れたのは「人間生活向上委員会」からやってきたと名乗る謎の少女シオン。朝日の抱える問題を解決しより豊かな生活を送れるようにするのがシオンの仕事だというが、シオンも何か問題を抱えているようで...。



「私の存在意義って何?」



ふと呟いた。


クラスメイトに笑顔を振りまいて何となく繰り広げられている馬鹿げた話の輪に入っている私。彼女たちを友達と思ったことはない。


母親が亡くなったあとギャンブルに明け暮れて失踪した父親が残した借金を肩代わりする義理もないのに、掛け持ちして稼いだバイト代をはたいて必死に返す私。私に親はいない。


進学だ就職だと口うるさく言ってくる先生たちにも当たり障りなく返事をする私。どうでもいい、放っておいてほしい。


なぜ私は生きているんだろう。ただ生きているだけで生きる目的もないのに。死んじゃおうかな。どうせ何も変わらない。


そう考えていたとき私の前に現れた謎の少女。「人間生活向上委員会」から来たとか。どうにも胡散臭い。私の生活をより豊かにするとか言ってあれこれ首を突っ込んでくる彼女。でもなぜか憎めないんだよなあ。






連載スタート  2020.7.28