366日のその先で、またきみに逢いたい。

作者箕乃 璃珠

10月1日
隣の席に来た転校生が私の世界を変えた。









きみが、笑いながら生きる明日が欲しかった