緋色のお姫様の暴挙

作者色火

その高校は、とんでもなく常識の通じない人達が支配する不良校だった。そんな彼らの仲間に、転入前日から飛び蹴りを食らわせてしまった彼女。さて、待ち受ける運命やいかに―――。




別に見た目は悪くないし


頭だって悪くない。



そんな自分が転校初日からヘマをするなんて


笑い話も甚だしい。




というか、泣きたい。









──緋色のお姫様の暴挙──









「あ、許してもらえるだなんて思わないでね」


「……別に許して頂かなくて結構で──」


「今日の晩御飯は人肉のステーキかな」


「ごめんなさい」