中学二年の秋。村山シュウジは何もかもに嫌気がさしていた。
何のために生きればいいのか、現実はわからないことばかりだ。
転校生との出会いがシュウジの世界を変えていく。