君のためだけのラブソング【完】

作者水瀬なる

「音楽をやってない俺の事は好きじゃないんだ?」知らず知らずのうちに、傷つけていた。わかってるつもりでお互いわかっていなかったのかもしれない。



音楽をやめられなかった理由も



音楽をやめようと思った理由も



ぜんぶ――――、

画像タイトルを入力…