魔女に成り下がった白雪姫

作者青汁の研ぎ汁

人気エンタメ配信者グループ「プレミアム・キング」
そのメンバー達と、リーダーのリョウヤに唯一愛される姫のような存在だった主人公の雪。
しかしいつの間にかその座を追われ、
自分の居場所には知らない女が―――新しい姫がいた。

妬みと怨みに取り憑かれたかつての姫が、醜い魔女へと墜ちていく話。


貴方が、私を救い出してくれた。

貴方が、私に愛を教えてくれた。

貴方は私の全てで、他には何もいらないって、

そのためなら何だってできて


そして貴方はいつまでも私の王子様でいてくれるって、信じてた。


ねえ、お伽噺はめでたしめでたしで簡単に終われても現実はそうもいかないって、知らなかった?


それなのに貴方はまるで別の物語の王子様になってしまったかのように、私の前であの子に愛を向けている。



かつての私の居場所は、あの子のもの。

貴方の愛も、あの子のもの。

守られるべき存在はあの子で正しいのも全てあの子。

私はもう、いらないって。

そんなの、そんなの、そんなの

憎い憎い憎い憎いあの子が、私をこんな風にさせた貴方が



そうだ、終わりにしてしまおう。

貴方たちだけ、幸せになんてさせるもんか。


貴方の中で、私はもうお姫様を陥れる魔女という悪役でしかないのならそれならば


―――本物の魔女に、なってやろうじゃないか。


そうして、魔女は白雪姫に毒りんごを手渡した。




魔女に成り下がった白雪姫