「――――さぁ、行こうか。僕の小さなレディ」









                          

それは男が唯一願った、短い逃避行のお話。