星に散弾銃【完】

作者吉森 朔

高校を卒業してから四年経っても、姫川さんも俺も、純太郎に呪いをかけられたまま。「私はその時、由宇を好きだと思ったよ」純太郎に押された平凡の烙印が消えずにいる俺に、妻は言った。

星に散弾銃

 きっと全部を愛することは不可能だ。枚挙に暇がない嫌うことの中にたった一つだけ捨てられないものがあるからこそ、一緒に居続けると選択する。