私が出会った珍妙な男たち

作者響ぴあの

私が10代後半から20代半ばに出会った個性豊かな男性の実話です。

ニート男、肺爆発の武勇伝男、事故の保険金で家を買った男、ピンクのハートのサングラス男、面接で落ちる男、遊んじゃった自慢男、女は港ですよ男、全裸男と遠距離結婚男、ゴムありますよ男、うそで固める夢男、肉体関係はありました男、意識高い系…

 私が10代後半から20代半ばに出会った個性豊かな男性の実話です。


 兄弟3人がニートだという男。何の疑問も持たずに日々を過ごしている。


 たばこの吸いすぎで肺が爆発したという武勇伝を持つ男。入院経験があり、喫煙はやめられず1ミリのたばこを吸っているらしい。


 交通事故の保険金で家を買った男。


 ピンクのハートのサングラス男。受け狙いではなく、ファッションとして身に着けている。彼女に浮気を疑われているらしく、電話で呼び出されてフェードアウト。


 学力が優秀だが、なぜか面接で落ちる男。典型的なコミュ障気味なタイプ。しかし、バンドでボーカルとして歌う時はメガネを外し、目を見開いて別人のように歌いだす。


 遊んじゃったことを毎回自慢する男。勉強一筋で来たゆえ、大学デビューし、大学を休学してプロのギタリストを目指す。しかし、バイトをしながら現実の厳しさに気づき、復学して勉強を頑張る。


 女は港ですよ男。モテそうな容姿ゆえなのか、やや男尊女卑のような考え方が気に障る。男は色々な女性と遊ぶけれど、結局は本命の港に戻ると語る男がいた。


 見た目がチャラいのに女に手を出さない全裸男。見た目は真面目なのに手が早い男。手が早い男は、結婚願望はないといいつつ、遠距離結婚を選択する。


相談に乗って距離が縮まると、ゴムありますよと言って避妊具を出す男。


 うそで固める映画監督を夢見る男。


 彼女がいたことを誇らしげに肉体関係はありましたと得意げに語る男。


 3時間ほど経済について雑学を交えて話し出す意識高い系うんちく男。しかし、この男のあごについたハンバーガーのチーズがどんどんひからびていくことにばかり目が行ってしまう私。


 その他合コンについての実態と実話と見解でぶった切ります。


 こんな人間がいるのか? という個性にあふれた人たちに実際に接した話です。