現役高校生の小春が一緒に住んでいる男は、街で有名だと言われている人物である。
付き合っているわけでもないけど、朝を迎えるのは一緒の関係。だけどある日、この関係に溝が出来てしまう。

  • コメント
  • しおり613







金魚鉢。


それは私の居場所。






「小春」






低い声が今日も私を呼ぶ。










この作品はフィクションです。

小説内に登場する人物名や団体名は実在するものと一切関係ございません。