水森めぐり先生の作品はいくつか読ませて頂いてるのですが、こういった女の子を書かれているのはかなり珍しいなといった印象を受けました。数ページなのですがもう引き込まれていて、進展を想像しながら心躍らせております。先生のペースで、応援しております。