平安時代末期 当代最高の歌人の素顔――「傾く月」

洞ヶ峠で男は何を思う――「凍る雨」

小田原合戦その後――「軋む心」

いざ奇談の世界へ――「闇の絵巻」

※参考文献『尊卑分脈』『今昔物語集』巻第二十五「源頼信の朝臣の男頼義馬盗人を射殺す語第十二」「藤原親孝盗人の為に質に捕へられ頼信の言に依り…