花の精は海になった、それから

作者一ノ瀬 誠

夏休み、
母の転勤で引っ越してきた田舎町は、
死んだ父と深い関係のある場所だった。

そこに突然現れた謎の少女。

少女と過ごす日々は甘酸っぱくて、切なくて、
そしてとても美しかった。

画家を目指す少年の葛藤と成長を描いた、
一夏の不思議な物語。


謎の少女の正体とは——。

ラスト、『それか…

画像タイトルを入力…