消えたい僕は、今日も彼女と夢を見る

作者月音六花

「 はっきりした意識の中で見る夢 」

クラスメイトは、確かにそう言っていた。


学校の屋上から空を飛んでみたいと思っている優等生の直江梵(なおえそよぎ)。
担任である日南菫(ひなみすみれ)の死がきっかけで三ヶ月前にタイムリープしたのだが、それから不思議な夢を見るようになる。


ーー夢であって…



夢の中で、僕は彼女に恋をした。



これは、僕らの二度目の物語。





画像タイトルを入力…