キキョウの花を、【完】

作者えりか

人に怯える私は、狭い世界を謳歌するつもりでいた。勿論、彼とも関わる気はなかった。


     



他人に怯えてばかりの私が

誰かに愛される筈なんて

あり得るわけがなかった。




情けない私は

自分を変えることができない。




▽▲▼▽




 ねぇ、俺のこと怖いの? 




彼は私に"それ"をくれた。




     

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


       ※拙い文章で申し訳ないです。  

       読んでくださった皆様に感謝を込めて。