身長190.2センチの大型セッター、黒井翔生(16)のいる高校は北海道帯広市にある白熊高校。今年優勝候補の高校だった。だが、インターハイ準決勝で自分より30センチも小さい高校一年生のセッターのいるチームに負けてしまう。そして春高でリベンジを果たすため、更に高見を目指す、青春物語。




青い空に射し込む太陽の陽射しは、

ボールを上げたときに見る、

コートのライトによく似ている。



蝉の鳴き声は、コートから

沸き上がる歓声によく似ている。



どれも似ているモノがあるのに、

お前だけは何にも例えられない。



ただ、倒したい。