私はお前と出逢えて幸せだった、また会えるように私は縁結びの神様になろう

作者ふ菓子

時は遙か昔でもなく遠い未来の話ではなく現代 ある田舎と都会が別れた街があった。 そしてその田舎に遙か昔から存在するが皆から忘れられた神様がいたその町に、ある幼い少女が何かに逃げるようにやって来た。そしてその二人が偶然か何かで出会う。

登場人物
少女 「神 社(かなえ やしろ)」
保育園に通ってい…

物語全容

現代物語

人々の生活をしている中でも神様は人間に扮して生きている。本来なら神社のある程度のお供えで生活出来るのだが、ある理由で働いている神様もいれば、人々に忘れ去られその神様にお供えを疎かにされている神様もいる。その中で遙か昔は多くの人々に愛され崇められ名のある偉大な神様だったが時代が進むにつれ戦争や人間達による悪意あるイタズラで自分の社を壊され人間不信になった忘れ去られた神様と自分が通っていた保育園で一番大好きだった先生を死なせてしまい自分を責め続けトラウマとなりその出来事から逃げるようにやって来た少女が出会い成長していく。