きみとわたしと、ポテトチップス

作者冬野はなび

誕生日の放課後。またもや遠のいてしまったきみに、きみの席で見つかった。

.

.

o

O





「わ、分かるわけないよそんなの」



「……じゃあ、分かってください。」





.

.

o

O





たったそれだけの


きみとわたしの、ふつうの恋だ。






2018.09

2020.08.16