私と朔は"甘く溶けたコンクリート"を一緒に食べる関係。朔は誰にとっても特別なのに誰のことも好きにならない。「視界に入ったら、次は次はって思っちゃうよ」誰かがそう言ってた。