突然の婚約破棄発言にザワつくパーティー会場。
花嫁になるはずだった彼女が選んだ男はお金持ちのエリートではなく、“社会からはみ出した男”だった…



あれはまだ6才だった頃…

私は誰かに誘拐された事がある。



犯人は私を人質に、家に1億円もの身代金を要求した。

1人娘である私が可愛くて仕方がない両親は、警察の指示を無視…

1億円という大金を持ち、指定された受け渡し場所へ向かった。



が…

どういう訳か、犯人グループは姿を現さなかったようだ。

警察に連絡したのがバレてしまったのかもしれないと、両親や一緒にいた捜査官達は一旦引き上げるも、それ以降犯人グループからの連絡は一切なし。



そんな日々が1ヶ月ほど続き、誰もが苛立ちや不安、そして焦りがピークに達しようとしていたその時……






























…ただいま
































































誰もが死んでいるだろうと想像していた私は、家に帰って来た