蒸し暑さが香る夏の夜。終業時刻間際のスーパーマーケットに入店する一人の美しい女性客、通称「女神」。彼女が起こした小さな万引き事件が、より歪な「何か」の歯車を回し始める。そして巻き起こる、男女九人による言葉の戦争。何が冗談で、何が本当で、何処までが日常で、何処からが非日常か。衝突し合う「正義」、繰り…