涅槃のクロスロード

作者湯口涼介

 主人公である辻井誠は、寺の後継者としての運命を背負っている。誠には両親がいない。寺の住職である叔父に育てられた。現在、大学3年生になり、卒業へのカウントダウンが始まった。誠は僧侶にはなりたくない。なぜならば、ミュージシャンになりたいからだ。
 しかし、叔父は、誠の音楽活動に否定的だ。何よりも、誠…