軍事法廷で裁かれる秘書官ですが、死刑判決は避けられますか?(コミック原作版)

作者名瀬口にぼし

悪女として軍事法廷で裁かれる敗戦国の秘書官の生存戦略。

元小説の作品URL
この作品は「軍事法廷で裁かれる悪女ですが、死刑判決は避けられますか?」をコミック原作化したものです。
https://maho.jp/works/15591074771453247972

ストーリー概要および物語の設定


 東方の大国・リラ帝国は、近代化していく世界で覇権を握った新興国・ディヴィンヌ共和国との戦争に敗れた。その帝国最後の君主である王女アフシャーネフの側近として政治に関わってきた女性秘書官のヴィーダは、王女と共に戦争責任を問われて、共和国が主導する軍事裁判で裁かれることになる。

 ヴィーダも王女も世間では国を戦乱に巻き込んだ悪女扱いされている。そのため味方が少ないものの、ヴィーダの作戦が功を奏し裁判は有利に進む。

 しかしある日突然、ヴィーダは起訴を取り消されて無罪放免になってしまう。巨大な兵器製造企業を営むヴィーダの実兄達が祖国を裏切って共和国と内通し、妹のヴィーダの助命を勝手に成功させたのだ。

 王女を犠牲にする形での生存に納得できないヴィーダは兄達の妨害を乗り越えて獄中の王女に再会するが、もはや王女を救う方法はなく彼女は死刑になる。

 数年後、ヴィーダは新聞社に実兄たちが営む兵器製造企業と戦後統治を行う共和国人の間で行われた裏取引についての虚実交えた情報のリークを行った。リークによって朝刊の一面に載った暴露記事によって引き起こされる混乱が、ヴィーダの復讐でありけじめだった。


元小説の作品URL


この作品は「軍事法廷で裁かれる悪女ですが、死刑判決は避けられますか?」をコミック原作化したものです。

https://maho.jp/works/15591074771453247972