北国の森と草原を舞台にした、武器商人を目指す少女と戦争を憎む元少年兵の青年の旅物語。

元小説の作品URL
この作品は「銃と少女と異国の旅路」をコミック原作化したものです。
https://maho.jp/works/15591043235068279737

ストーリー概要および物語の設定


 大国に支配される祖国で革命を起こすため、武器商人である少女・シャラーレフは隣国アーザルで武器を買い付け密輸をしようとする。運搬の護衛を依頼したキャラーグ商会はジゴロ風経営者のルト、無口なガスマスクの男サーム、そして美形だが愛想が悪い青年キルスの三人だけのこぢんまりとした民間軍事会社である。

 シャラーレフは武力による祖国解放の夢に燃えているが、キルスはそんな彼女を「戦争を知らない大馬鹿」と言って軽蔑し、二人はいがみ合う。

 内戦の傷跡が残るアーザル国を旅して戦争の悲惨な側面を知るにつれて、シャラーレフはキルスの考え方を理解していく。しかしそれでもシャラーレフは、祖国を救うための戦争を否定できない。結局、二人は喧嘩したまま旅は終わる。

 キャラーグ商会と別れた後、シャラーレフは祖国にいる仲間と合流するが、裏切られたうえに殺されかける。

 しかしそこにキルスが現れ、シャラーレフを助ける。キャラーグ商会は、シャラーレフに危険が迫っていることを察知し、救出しに来てくれたのだ。

 キルスとシャラーレフの生きる道が交わることはない。だが心が通じ合っている限り、シャラーレフは孤独ではないのである。


元小説の作品URL


この作品は「銃と少女と異国の旅路」をコミック原作化したものです。

https://maho.jp/works/15591043235068279737