我が儘社長と不器用な2回目の恋を

作者蝶野ともえ

「俺と、2回目の大人の恋愛をしてみないか?」


突然、夕映の前に現れたのは、大学の頃に付き合っていた斎だった。
ケンカ別れをしたままだったが、夕映は昔から大好きだった彼の言葉を聞いて、迷ってしまう。





夕映は、昔から何回も斎に恋をしていた。


彼が見せてくれるとびきりの笑顔は、きっと特…






   プロローグ





 彼の屈託のない笑顔が好きだった。


 幼い頃に初めて彼を見たときは、とても綺麗に笑う男の子だと思った。

 神秘的な容姿の彼が微笑むだけで、妖精や天使のように見えたのだ。

 けれど、それは大人のような固まって感情のない微笑みで、見ていて辛くなるようだった。



 そんな彼と、初めて話をした時。

 始めはみんなと同じように笑っていたけれど、ひょんな事で彼が声を出して笑ってくれたのだ。

 それは、子どもらしい心から楽しいと思っている、純粋でのびのびとした笑顔だった。

 

 その笑顔を見た時から、私は恋に落ちていた。


 初めて好きになった男の子。



 それはとても特別で、大切な出会いだった。



 昔も、今も………そして、きっと未来も。




 ずっとずっと、そう思っていた。

 




 けれど、いつからだろうか?

 そんな彼の笑顔が見られなくなったのは。






 本当の彼に会いたい。

 そう思ってしまうほどに、私は彼を忘れる事は出来ていなかった。