1897年、アメリカ合衆国アリゾナ準州
 凄腕ガンマンの保安官ガルムと、
 陽気な無法者のビリィの……二人、

 ──彼らは転移した。

 剣と魔法の世界。
 ファンタジーの国へと──。

 ※ ※
 西部劇を知っているか?
 そう、あれです。

 アメリカの乾燥しきった荒野で|無法者《アウトロ…

 物語全体のあらすじ




 1897年、アメリカ合衆国アリゾナ準州

 凄腕ガンマンの保安官ガルムと、

 陽気な無法者のビリィの……二人、


 ──彼らは転移した。


 剣と魔法の世界。

 ファンタジーの国へと──。


 ※ ※

 1897年──アメリカ西部、ネブラスカ準州にて。


 欧米で「賢者の石」と呼ばれる財宝が、とある国よりアメリカ大統領に献上されることとなった。

 しかし、サンフランシスコから鉄道で輸送中に強盗団によって強奪された。

 その石はしばらく行方不明となっていたのだが、情報を掴んだ特務組織「エーベルト機関」が入手に動き出す。

 機関の長、エリナ・エーベルト騎兵隊中尉は部下と特務権限により徴発した装甲艦とともに石を所持している盗賊団を捜索。

 おりしも盗賊を追っていた現地の保安官たちと首級を争う形になって現地にて衝突することになる。

 そして、両者に追われていた盗賊。ビリー・ザ・サーカス一味は旧軍事拠点フォートラグダに立て籠り徹底抗戦を試みた。

 石を追う「軍」と現地「保安官」そして盗賊一味の三つ巴の戦いが繰り広げられる中。血の匂いに惹かれて賢者の石が次元の裂け目をこじ開けてしまう。


 その先にあったのはドラゴンが舞い、勇者と魔王が激突する異世界──ファンタジーの地であった。

 予期せずファンタジー世界に送り込まれた西部の荒れくれ者たちは異世界の地でどう生き、何を成していくのか──。

 まだ誰も知らない。